COMPANY -会社概要-

一般事業主行動計画PLAN

弊社は、社員がその能力を発揮し仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行い、
次世代を担う若年層への支援を推進するために、次のような行動計画を策定します。

年次有給休暇取得の促進

1. 計画期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日までの間
2. 内容
年次有給休暇取得を促進するため、誕生日や結婚記念日等に計画的休暇を設定、実施
3. 計画達成のプロセス
①年次有給休暇の取得状況の把握
②計画的な取得に向けて管理・監督職への聞き取りを実施
③聞き取りに対する課題の整理
④各部における年次有給休暇の取得計画書を策定

社員の所定外労働時間を300時間未満とする

1. 計画期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日までの間
2. 内容
①所定外労働時間を削減するため、公休日を4週に8日(年間105日)を設定実施
②所定外労働時間を削減するため、毎週水曜日にノー残業デイを設定し、予定時間内に退社
3. 計画達成のプロセス
①所定外労働の原因分析
②計画的な労働時間管理に向けて管理・監督職への聞き取りを実施
③聞き取りに対する課題の整理
④各部における規定労働時間の計画書を策定
⑤段階的な所定外労働時間の管理

インターンシップ受入れの促進

1. 計画期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日までの間
2. 内容
若年者の就業意欲促進のためにインターンシップ受入れを促進
3. 計画達成のプロセス
①弊社におけるOJT実施方法のマニュアル改定
②受入れ体制についての検討及び実施事業所の選択
③インターンシップ受入れ概要の作成(体制作り)
④インターンシップ受入れ学校(関係行政機関を含む)の選定と交渉(連携)
⑤段階的なインターンシップの実施

平成29年4月1日

株式会社 日本水泳振興会

代表取締役社長 坂元 要