COMPANY -会社概要-

経営理念PHILOSOPHY

代表取締役社長 坂元 要
スポーツ施設や健康のサポート事業を通し
地域への貢献を目指しています。
1979年(昭和54年)に世界に通用する水泳選手の育成や水泳の普及発展をめざし、青木守喬(日本大学水泳部OB)が水泳指導を中心としたスイミングスクールの運営に特化する会社を設立しました。
弊社の中枢業務である「水泳」は「年齢」「性別」「体力」「運動経験」を問わず楽しめる「スポーツ」です。地域の方々の健康増進、誰もが楽しめる生涯スポーツと地域交流の場の提供は、少子高齢化がすすむ現在、スクールに通うお子様たちへの水泳指導から社会性や人間形成に伴う教育的要素、ご高齢者の方々への機能改善、健康維持や介護予防にも、重要な要素であると考えております。
現在、国内の様々な地域や施設、イベント空間での運営事業も新たな局面を迎えております。スイミングスクールの総合的な業務委託や、公共施設のPFI事業への参画や指定管理者として更なる施設運営の安全管理業務に心がけ、これからも地域の皆様に親しんで頂ける公共や民間の施設の管理運営を目指してまいります。
今後も経営理念である、社員一人一人の「人財力」をさらに高め、地域の皆様に貢献していく所存でございます。新時代へ向け、これまでに培った「縁」を大切にして、日本水泳振興会は発展し続けるよう努力してまいります。

理 念

私たちは、地域に密着した「健康づくり」のお手伝いをする会社です
私たちは、「人財力」を生かして発展しつづける会社です

経営基本方針

1. お客様に合った運動プログラムの提供と実践
2. 安全で衛生的な「場」の提供
3. 地域の人材を生かした雇用の確立
4. 行政及び民間組織団体との連携
5. 専門性を有することはもとより明るく誠実で行動力のある社員の育成
6. 目標達成(会社と個人)のための実践と評価
7. 多角的な視野で新規事業の創造と挑戦

品質方針

社員一人ひとりが常にお客様の視点で良質なサービスの品質を最優先に考え、お客様に喜ばれ、信頼されるよう継続した改善に取り組みます
1. お客様のニーズを理解し、運動・安全に関するプログラムを提供します
2. 法令・規範を遵守し顧客要求事項を踏まえた中で、社会的責任を明確にし、求められる社会通念の実践を図ります
3.「お客様満足」の向上に努め常にお客様の視点で、より安全、快適かつ衛生的なスポーツ施設の運営管理を行います
4. 幅広い技能・技術及び関連知識について教育指導に努めます
5. 品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善し、お客様の要求に適合するサービスを提供します